相談中の医者たち

心臓病の症状

点滴

心臓病とは、様々な病気を総称したものを呼びます。代表的なものに、狭心症や心筋梗塞が挙げられます。中には、生まれつきによるものや、他の病気によって引き起こされる心臓の病気まで存在します。 心臓病は命の危険性に関わるものです。特に狭心症や心筋梗塞では、徐々に病態進行されるものですが、突発的な発症によって命を脅かすものとなります。現代における食生活では、西洋化が進んでいると言われ、これらの要因によって心臓病の増加が現状にあります。特に心臓病による死亡率は年々上昇ており、今後も上昇傾向が懸念されます。 しかし、それとは逆にその現状を大きく受け止め、心臓病減少に向けた対策も現在あるいは今後も行われ続ける傾向をたどります。循環器科で使用される薬品効果の向上、生活習慣指導、早期発見のための医療機器や技術の向上には目覚ましいものがあります。早期的な循環器科の受診によって改善される心臓病が数多くあり、今後患者自身による意識や予防対策が心臓病予防への争点となるものとなります。

狭心症や心筋梗塞における予防方法として第一に挙げるのは、やはり医療機関特に循環器科への受診です。先ほど述べたように、進行と症状には時間差が生じるため健康診断における早期発見はより効果的なものと言えます。 羅漢の有無問わず、日常生活の環境には十分注意しなければなりません。特に禁煙では心臓病発症率を大きく高める要因となるので、禁煙が望ましいものとなります。また、西洋化の食生活において、食塩・カリウム・脂質・飲酒の多量摂取も喫煙と同様注意しなければなりません。これらに注意する理由にはある一つの事が言えます。その一つとは、心臓に血液を送る血管が上記のような要因によって狭くなるからです。喫煙や過剰摂取によって血管の収縮や動脈硬化促進などが引き起こされるからです。循環器科によってもこれらの指導・改善が治療や予防の一環として取り上げられています。